%blog_name

私の暮らしを
楽しくするサイト

やまなみ工房を観た、NHKで

0
先日なんとなく観てたNHKのバリバラという障害者によるバラエティ番組で、自閉症の人や知的機能障害を持つ人達が作った絵画やオブジェなどの作品が紹介されていました。「やまなみ工房」という滋賀県にある施設の利用者の作品でした。サヴァン症候群の人の絵画作品とかもそうですが、絵画の描き方もめちゃくちゃ細密だったり、同じモチーフをものすごい数反復して作る傾向があります。やまなみ工房の作品もそういう感じの作品が多...

The Internet/ジ・インターネットっていう名前が好き、音楽もすごい好き。

0
 2,3年前から「The Internet(ジ・インターネット)」というグループ名だけで気に入ってました。個人的な偏見かもしれませんが、なぜか「黒人音楽」と「インターネット」という言葉との間に距離感というか、違和感というか、なんかフィットしないイメージを持っていたので、「そういう組み合わせがあったか!」という嬉しさを感じています。私は黒人文化に対して、ストリート感というか土着感のようなイメージを強く持って...

か_かなざわ総本舗のモーショングラフィック

0
 <以下、補足> 何本か続けて新潟県の地方CMが流れますが、2本目と4本目を参照ください。 ...

お_オールド・ボーイ

0
 <以下、補足> ...

え_エリカ・バドゥのミックステープ

0
 <以下、補足>  ...

う_牛を狙う

0
  <以下、補足> ...

い_伊勢海老オンリー

0
<以下、補足> ...

あ_青山テルマの色紙

0
<以下、補足> ...

背徳マックシェイク

3
私はストレス対策のために、体に悪いものを食べたり飲んだりする事があります。何かに対する背徳行為を行う事で、過度な誠実さや真面目さ、頑張ってる自分、みたいなものを一旦プラマイゼロの状態に戻したくなるのでしょうかね。「マックシェイクなんて、石油で出来てるのよ」なんて事を言われると、尚の事マックに行きたくなるわけで、さぁ汚れろ、我が魂よ、てなもんである。最近では、スーパーフードだとか、機能性食品だとか、...

家族の肖像

0
私が働く業界は、残業が多い。平日に家族で晩御飯を食べたり、子供と一緒に風呂に入ったりする事はほとんど無い。こんな毎日に疑問を持った事なんて全然なかったのだが、子供が出来ると結構そうでもなくなる。平日に家族で晩ごはんを食べる事って、普通の事なんじゃないのか?それが出来ない生活のほうが、ひょっとしておかしいんじゃないのか?今まで当たり前だと思っていた世界が、実はマトリックスだった!という事に気付かされ...

俺たちステップブラザーズ 義兄弟

0
このままでは、今日1日を終えられない。そんな事を思う夜、皆さんはいかがお過ごしか?ダラダラと布団の中でスマホをいじり、更新頻度だけはやたらマメな知人のどうでもいい晩飯の写真などに「いいね!」したり、2ちゃんまとめブログのリンクにたらい回しにされたあげくに変なバナーを触ってappストアが開いて面倒くせぇ、とかなっているんじゃないでしょうか?残尿感が残る不完全燃焼の夜、huluを契約している最近の私は、長い戦...

ごめんねコピック

1
コピックっていうアルコールマーカーペンが家にあった。妻が学生の時に買った72色セットのリッチなやつだ。私はこのコピックを使った事がなくて、今日はじめて娘と一緒にお絵描きに使ってみることにた。使ってみると、これが凄く面白い画材で、速乾性が高くて発色もいい。透明なので重ね塗りも出来る。面白いなーこれ。なんていう具合に、コピックを面白がって独り占めする私を、恨めしそうに見ている娘を、そのコピックで描いてみ...

ソニア・ドローネ

0
これは、娘が美術館のギフトショップで私に買って来てくれたお土産ポストカードである。娘と妻と妻の母の親子三代で連れ立って、ジブリか何かの展覧会に行ったついでに買ってくれたようだ。これは何の絵だ?と、娘に尋ねると、「お父さん、おにぎり好きかなと思って」との事。たしかにこれはおにぎりっぽい。この絵は、ウクライナ出身のフランスの女性画家、ソニア・ドローネの作品。おそらく舞台衣装のデザイン画である。生前、ピ...

ビーだま・ビーすけの大冒険

0
今や日本の子どもたちのスタンダードコンテンツになった「ピタゴラスイッチ」のピタゴラ装置。そのバリエーションの一つで「ビーだま・ビーすけの大冒険」というのがあると、妻と娘から教えてもらった。私は若い頃、映像作品を作っていた時期があって、その頃は「映像ならではの表現」ってなんだろうか?なんて事をよく考えていた。絵画や写真や文学にはなく、映像にしかないものは「上映時間」だ、と。例えば3分、例えば2時間、と...

都市伝説 オカンとボクと、時々、イルミナティ

0
私の日々の通勤時間は車で20分。この20分間をいかにして過ごすかが、暮らしのメリハリ付けの重要なポイントになります。 運転中にhulu海外ドラマを観るわけにも行かないので、アップルミュージックの人工知能的なヤツが私に対してレコメンドしてくる「絶妙にフィットしない良さげな音楽」を聴いたりしながら日々をやり過ごしていたのですが、最近は「都市伝説 オカンとボクと、時々、イルミナティ」というポッドキャストをよく聴い...