%blog_name

鉄の塊を投げるング。胸騒ぎのライトショアジギング。

0

未知なる趣味の世界に足を踏み入れる時、洗礼のように、意味不明な専門用語の放流に打ちのめされる。

予習もなしに釣具店に足を踏み入れると、まさに異世界である。
全体的に「釣具」がひしめく空間であることはわかるのだが、それぞれの道具がなんなのか、さっぱりわからない。
店内はジャンルごとに棚が分かれており、看板やPOPでそれぞれのカテゴリ名が記載されている。

「アジング・メバリングコーナー」
「エギングコーナー」
「ライトショアジギングコーナー」

なんのことだ?
全部「ング」がついているのはなぜだ?
どうやら、鯵(アジ)を専用の道具で釣る方法を「アジング」というらしい。メバルの場合は「メバリング」というそうだ。

アジを釣るからアジング。
メバルを釣るからメバリング。

安直なネーミングだが、意味はわかる。筋は通っている。

問題は「エギング」だ。

聞けば、エギングとはイカを釣る方法らしい。
ちょい、そこは「イカング」じゃねぇのかよ。

「エギ」というのは漢字で「餌木」と書く。調べてみると、餌木は日本古来から伝わるイカを釣るためのルアーだそうだ。ルアーというのは魚たちが食べる餌を模して作った、いわゆるイミテーションである。それに騙されて獲物が食いつくのだ。イカの場合はその餌木に「抱きつく」らしい。

▼これが餌木。昔のプロトタイプだって。渋い。
egiャ


▼これが現代のエギ。なんかチャラい。 
egi.jpg



まあいい。

ともかく、私が言いたいのはこういうことだ。

私は一体、
「何ング」なのだろうか?

「すみません、私、釣りの初心者なんですけど、何ングからすればいいのでしょうかね?」

と、上州屋の若い店員に聞いてみる。

「何を釣りたいか、によりますね。」

そう来たか。突き放すタイプか。
しかし、たしかにこの店員の言うこともわからんでもない。私が釣りたい魚はなんなのか?そうだな、大きくて、食べて美味しいやつがいいな。サバ、かな?

私「サバとか釣りたいっすね。サバング?」
上州屋「サバング?ていうのは無いですね。」
私「ですよねー。」

おっさんに恥をかかすなよ上州屋。

上州屋「サバとかサワラとか青物を釣るなら…」
私「ちょ待てよ!アオモノってなに?」
上州屋「あー、お寿司屋さんで言うヒカリモノですかね、イワシとか。」
私「へぇー、で、釣るなら?」
上州屋「青物釣るなら、ライトショアジギングとか手軽ですよ。餌もいりませんから。」
私「ライトショ…、それって餌いらないの?じゃあ、なにで釣るング?」
上州屋「メタルジグっていう、金属で出来たルアーです。こういうやつですね。」

jig.jpg 

おお、ライト・ショア・ジギング。
私はこの鉄の塊でサバを釣るのか!
ライト!ショア!ジギング!

「ライトショアジギング、ライトショアジギング…」
忘れないように、ブツブツとつぶやきながら家に帰る。新しくて覚えにくい言葉を知った喜び。こんなの高校生以来だ。高校1年生のときに『イングヴェイ・マルムスティーン』を知った時のようだ。

▼イングヴェイ・マルムスティーン
wpcr000014257_LLL.jpg 

すみません。
イングヴェイ・マルムスティーンのことは、一回忘れてください。

新しく覚えた言葉は早く使いたい。
「え?このサバ?ライトショアジギングですけど。」
とか、早く誰かに言いたい。

ともあれ、私は取っ掛かりを手に入れた。
ライトショアジギングという入口から、私は釣りの世界に分け入ってゆくことになる。

待っていろ、海の神ポセイドンよ。あと、活きのいいサバたちよ。


コメントや補足をどうぞ

▼コメントちょうだい。




管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。