イーゴン自治区

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

07
2016  04:34:35

ソニア・ドローネ


これは、娘が美術館のギフトショップで私に買って来てくれたお土産ポストカードである。
娘と妻と妻の母の親子三代で連れ立って、ジブリか何かの展覧会に行ったついでに買ってくれたようだ。
これは何の絵だ?と、娘に尋ねると、
「お父さん、おにぎり好きかなと思って」
との事。たしかにこれはおにぎりっぽい。
この絵は、ウクライナ出身のフランスの女性画家、ソニア・ドローネの作品。おそらく舞台衣装のデザイン画である。
生前、ピカソと親交があったのかどうかは知りませんが、キュビズムっぽい絵を描いてたり、カンディンスキーみたいなタッチのがあったり、ファッションデザイナーやテキスタイルデザイナーとしても活躍していたみたい。20世紀半ばのアートの中心地で、自由にクリエイションを楽しんでいたんだろうなぁという雰囲気が伝わってくる。
すごく素敵な作品があったので、紹介したい。










以上。
関連記事

 芸術

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。