%blog_name

私の暮らしを
楽しくするサイト

NO IMAGE

画家の腕前

2
mur(マーと読む)という画家がいます。日本人です。下のが彼の絵です。デジカメで撮った油彩です。かっこいいでしょ。私もそうですが、抽象絵画と聞くとなんだか難しそうなイメージがありますよね。現代美術とかね。一方では、「芸術は爆発だ」だとか、そいうったものの表面だけパクったデタラメなものが「アートですね」なんて事になってますが、まぁ、いろんな表現があっていいし、それは結構楽しいことです。表現にとって、お金...

NO IMAGE

Jackie Mittooと残暑

0
イーゴンストアでもご紹介しましたが、ジャッキー・ミットゥーの曲がすごくよくて。この残暑、この夏の終わりにぴったりな感じがして好きです。...

NO IMAGE

日本文理

1
マイミクシィのぱし彦の日記で、今年の高校野球の盛り上がり具合が臨場感溢れる文章で書かれていて、とても良かったので、転載します。題名「代打の田辺がプーさんみたいで凄く可愛かった」/ぱし彦なんか、凄い長文になっちゃったよ。甲子園好きは是非読んでね。俺、新潟出身なんだけど、新潟ってホント野球弱いんだよね。毎年甲子園でも、一回戦勝てば、おお!すげーやったじゃん!二回戦勝てば、(三回戦やる前から)いやあ、今...

NO IMAGE

ブコウスキー 老人とMac

4
チャールズ・ブコウスキー。18歳のとき、アートノノバの長谷川先生にすすめられて読んだのが最初だったっけ。たしか「パルプ」という小説だった。当時私は、アメリカのビート文学にかぶれており、ケルアックだの、ギンズバーグだの、バロウズだの、と、そんなものばかり読んでいた。文学をやるという事が、これほどカッコいいものだと、初めて知ったのもこの頃だった。それは例えばこういう事だ。私は子供の頃から、スポーツもダメ...

NO IMAGE

大人の映画「まぼろし」

2
ある映画の事を書いてみたいと思う。それは随分前に見た映画だ。シリアスに自分の事について語り出すとき、少年は夢を語り、青年はアイデンティティや自意識について語りだす。とりわけブログのような個人的なメディアを手に入れた今の私たちは、そんな風に語りだす事に慣れ始めてきて久しい。自分の考えを語る対象は多く、それはTVや新聞で見たニュースであり、先週観た映画やDVDの感想であり、身の回りで起こった事に対する感動...

ブラシッチ!ブラシッチ!

1
この間の世界陸上を観てから、ハイジャンプの女王ブラシッチのファンです。というのも、私は10年前に中目黒の交差点で冨永愛に遭遇し、衝撃を受けて以来、痩せた超高身長女性に魅せられてしまいました。これはもはや持病です。ブラシッチは、本国ではモデルのような仕事もしているようですが、カート・ヴォネガット・ジュニアの「タイタンの妖女」の一節を借りると、 「彼女の顔は唯一独特のものであり、  なじみ深い主題の驚...

フリードリヒとブラシッチ

0
今回の世界陸上のみどころはやはりボルトには間違いないが、女子走り高跳びも、相当面白いことになっていましたね。この対照的な2人が面白かった。女王・クロアチアのブラシッチと、地元ドイツのフリードリヒ。↑ガッツポーズがカッチョイイ。↑ブラシッチダンスがカワイイ。最高に盛り上がった。地球に産まれてよかったー!つってね。...

リス導入

2
こないだうちの妻がイチャンネルに私の若い頃の写真をアップしたところ、怖いとかヤバイとか、眉毛が太いとか、蒼いうさぎだとか、いろいろ言われたので、もっとキュートででピースフルなイメージにしていかねばと思った。そう、それは過去をも改ざんしてしまえ、というノリで。キュートでピースといえば、リスだ。動物に何の愛着をも見出せず、だいたい食い物だと思っている私も、リスに対しては、ついつい顔がほころんでしまう。...

NO IMAGE

red race riot! web が出来ているぞ。

1
マッキ-ちゃんがやっているイベントプロジェクト「Red Race Riot!」ようやくメインサイトが出来上がった様子です。早速、見に行ってみようぜ。...

NO IMAGE

ギター女子006 MarieDigby

0
「love sex magic」 (Ciara featuring Justin Timberlake)原曲はこちら「Gimme More」 (Britney Spears)原曲はこちらhttp://www.youtube.com/user/MarieDigby>もっと他の「ギター女子」を見る...

NO IMAGE

赤い下着

1
夏になると嬉しいのが、やはり女性の薄着です。仕事帰りのバスの中で、向かいの席のビジネスウーマンが上着を脱いだ。白いブラウスの向こう側に透ける、赤いブラジャー。普通、透けるのわかるでしょうよ。わかってて、赤、なのかな。てことは、おおよそパンツも赤なのだろう。よもや、どっこい、パンツは青だ、なんてことはあるまい。ブラが赤で、パンツは青。なんか、「アメリカ」といった感じだ。もしくは、ブラが赤で、下は、そ...

NO IMAGE

お盆終了

1
お盆、そして夏休み、今年も終わってしまいましたね。学生諸君はまだまだこれからだね。ぬかりのないように、はじけてください。...

NO IMAGE

ピューぴるちゃん⇒PYUUPIRU

2
私がピュ―ぴるちゃんの存在を知り、その作品に魅了されたのは、丁度高校生くらいの頃でした。その頃の彼女(彼?)の印象は、フェティッシュでエキセントリックなドラァグ・クイーンといったところでした。コスチュームをつくり、自分で身にまとい、不可思議なキャラクターに扮してのパフォーマンスでした。「たけしの誰でもピカソ」みたいな番組にもたまに出ていて、”キワモノ”のような扱いを受けていたような感じがありました。...

NO IMAGE

アカメク的

0
 「今オッパイ触ったでしょ?!」昨晩、近所の居酒屋のカウンターで酒を呑みながら、その店自慢の自家製チャーシューを「うむ、悪くない。」なんて言いながら食べていたのだけども、後ろの座敷が楽しげに騒がしい。若い男女か。 「今オッパイ触ったでしょ?!」店の壁には薄型の液晶テレビモニターが掛けられ、映画のDVDなどが無音で映像だけ流れていた。「ハリーポッター賢者の石」だった。いやはや居酒屋のテレビも壁掛けの時...

NO IMAGE

プロレタリア的

1
 私は元々どうだったかは知らないけど、気が付けばは完全に夜型の体質の人間である。東京で夜勤のアルバイトをしながら生活していた時期がかつてあったが、その時期はほとんど太陽を見る事なく暮らしていた。日が暮れた頃に玄関を出て、電車に乗り、仕事場でただひたすらに朝を待つ。数台のコンピューターとバカでかいスキャナー、畳程の大きさのネガフィルムを現像するマシーン。私は深夜にただ一人っきりでこれらの機器を操り、...
該当の記事は見つかりませんでした。