%blog_name

私の暮らしを
楽しくするサイト

NO IMAGE

のぶさん

4
昨日の記事に「のぶちゃん」からコメントを頂いたので、彼の事を書こうと思う。この自治区では「のぶちゃん」ですが、実際には「のぶさん」と呼んでいる。彼は私の同門の兄貴分であり、かつては仕事の同僚であった。少し歳は離れているけれど、今では気の合う友人だ。と、思う。お互いに、「ここからは、入ってくるなよ」という見えないテリトリーがあるようだ。死ぬまで決してお互いのチンコを見る事はないだろう。川原で殴り合っ...

NO IMAGE

木村倫子

2
▼木村倫子さんのウェブサイト「supermoving」この人はおそらくイラストレーターさんでしょうね。私のお気に入りの写真家の、かんのさゆりさんのHPからリンクがありました。なんだか変な感じです。半裸の女の子が怪我してる絵が多いです。何なんでしょう、この人。FLASHで動かしたりしてるアニメーションがあるんですが、こいつがまた、ナメた感じでイラっとくる。その、ナメた感じがいいね!頭をひっぱたいてやりたくなる可愛さが...

NO IMAGE

宅録とサナギ

3
音楽は、作れる!お金やスタジオが無くても作れる!俺でも作れんだ!という風に、宅録に熱中した高校時代。友人・イーゴン伊藤のMTRをパクッてやってましたよ。そんな可能性をわかりやすく教えてくれたのは、2枚のCD。ボアダムズの「チョコレートシンセサイザー」とBECKの「メロウ・ゴールド」です。▼Sweat Sunshine/Beck (アルバム/メロウ・ゴールドより)▼Acid Police/Boredoms(アルバム/チョコレートシンセサイザーより)...

NO IMAGE

モーポトリン

1
映像集団「モーポトリン」の作品▼「第三の男」・その他の作品はこちら・日本電脳穿隊サイトこの、映像集団「モーポトリン」って、あの「象さんのポット」の左の人が主宰しているそうです。シュールの先駆け「象さんのポット」。リアルタイムで知っている人は、限られた世代の人でしょうね。私も、名前を聞いた位しかなかったのですが、つい昨日、youtubeでみて、「これは!!!」と思ったのです。こんなのが、あの時代に?これ、今...

NO IMAGE

象さんのポット

0
...

NO IMAGE

大根仁のページ

0
▼大根仁(おおね・ひとし)という人のブログを毎日見ています。「大根仁のページ」この人は、テレビの深夜ドラマをたくさんやってるの演出家です。大根仁を知ったのは、かれこれ5年前。バナナマン、おぎやはぎ、荒川良々が出ていたオムニバスドラマ「30minutes」これがきっかけです。この人の番組はすごくツボで、なんというか、かっこよくて面白い。私は、お笑いも好きだし、シリアスなものも好きだし、アートも好きだし。彼の作...

NO IMAGE

気に入らねえ奴は殴る次元

0
私の好きなテレビマン、大根仁氏が、自身のブログで、ドワンゴ取締役の夏野剛にキレていた。http://blog.livedoor.jp/hitoshione/archives/50811252.htmlいいか、夏野剛!おれたちゃ「いつでもどこでも観れる番組」を前提になんざ作ってねえんだよ!!携帯やパソコンでなんでもできると思うなよバカタレが!!!お前の作ったもんなんか便利だと思ったことはあっても「おもしろい」と思ったことなんか一度も無えからな!!「おれた...

NO IMAGE

よろしく哀愁

0
課長島耕作と並行して、その作者の弘兼憲史先生が出してる本も読んでいる。貸借対照表とか損益計算書とかキャッシュフローとかマクロ経済だミクロ経済だ円高だ円安だマネーサプライだ単利だ複利だとか、そういうやつ。いわゆる、ビジネスマンの必須科目の初歩の初歩。数字の本、経営の本、つまり、お金の本。島耕作と一緒におさらいしてるかんじの、やさしい本。こいつがすこぶるわかりやすい。私は、ことのほか数字が苦手で、どう...

NO IMAGE

進め、ビート。

4
▼ワールズエンド•スーパーノヴァひとそれぞれに、人生のテーマソングみたいなもんがあると思うんですが、私にとってこの曲は、たぶんそのひとつです。私がかつてロクに働かず、だらしなく過ごしていたときにリリースされた曲です。さしずめ「イーゴン ニート期」のエンディングテーマ、です。20代半ばにさしかかったころ、頭の中が、「夢」と「欲望」と「めんどくさい」でパンパンになっていて、「現実」という要素が入り込...

NO IMAGE

俺と悪魔のブルースの巻

4
「ほぼ日刊イトイ新聞」の、このコンテンツの表現方法にとっても感心したイーゴンが、そのまんまパクッてやってみました。▼対談形式のコンテンツ「俺と悪魔のブルースの巻」※クリックして。ベーシックな方法なんだけど、なるほど、まだまだWEBの表現にはいろんな可能性があるなぁ、って、考えさせられましたよ。...

NO IMAGE

RedRaceRiotの弾丸ツアー

1
RedRaceRiotの弾丸ツアーに、感動した。すごいな、いいな、と思ったよ。詳しくはまた書きます。...

NO IMAGE

アンディ・モデル

0
「コピーする」という事が、他のメディアよりも圧倒的に優れているのがWEBなのに、それに抗って余計にコストをかけている不毛な現状、これってすなわち「メディアの誤認識」。既存メディアの代替や延長線上の媒体としてWEBを見ていると、こういう事になるのだろうね。「コピー」する事自体が利益を生むビジネスモデルにしないと今後どうしようもない気がする。とはいえ、そんなのって、どうすりゃいいのだろう。アンディ・ウォーホ...

NO IMAGE

下北沢経済新聞

2
私の毎日は、簡単に言うと、仕事をしているか、自宅でインターネットをしているか、下北沢にいるか、のこの3つに分けられる。下北は、もう10年くらい通っている、一番気楽な街。ぶらぶらするのにもってこいの街。インターネットを仕事にして、インターネットを趣味した今でも二十歳の頃と変わらず、休みになるとダラダラと下北に、いる。本当に、毎週末必ずといっていいほど、いる。バランスというやつかもしれません。インターネ...

NO IMAGE

建築家・阿竹克人さんの発明

0
新しい発見は、まだまだあるものだ。瞬時に折りたためる幾何学立体 たった3つの部品▼朝日新聞ニュース本文より抜粋この構造体を構成する三つの部品は、側面に13の穴が開いた長さ12センチの棒と、つなぎ目の留め具2種類。穴を使って棒同士を交差させる。 発売してみたところ、束の状態ではポケットに入るほど小さいのに、押し広げると、瞬時にドーム形や多面体に展開できる面白さが受けた。>詳細を読む▲これが、▲こうなる。...

NO IMAGE

集合知

0
今日のウェブにおいて、最も特徴的かつ欠かせないポイント。それは「集合知」。ウェブ媒体を、マスメディアの代替だったり、マス広告を補完するツールとして考えているうちは、どうしても「やっぱコスト次第だね」という結果になりがちである。マスと同じ使い方をすると、やはり、金かけてなんぼじゃ!手間かけてなんぼなんじゃ、という、足し算発想になりがちである。そうじゃなくて、集合知。ウェブは巨大なデータベースであり、...
該当の記事は見つかりませんでした。