%blog_name

私の暮らしを
楽しくするサイト

NO IMAGE

エクセルで充分

0
夜の井の頭線。サンドイッチマンのような2人組が同じ車両に乗っていた。私は座っており、目の前に彼等がつり革にぶら下がるように、だらしなく立っていた。見るからに堅気ではなさそうな、セカンドバッグがよく似合う彼等。なんだかちょっと怖いので、うつむいて週刊誌を読んでいた。「・・そりゃお前、インターネットでアレすりゃいいんだよ。」右の金髪男がしゃべりだした。それに左の男が相槌を打つ。「そっすね。ふつうそうっ...
該当の記事は見つかりませんでした。