%blog_name

私の暮らしを
楽しくするサイト

落ち込みアイコン自作。

0
仕事のストレスで「不安性うつ症状」ってやつになり、会社を休んでたときに、部屋で体育座りをしながらこのアイコンのようなもの作りました。 そういう不安状態の時、ぱっと見は普通に見えたとしても、メンタルがグズグズに弱っていることがある。外はサクサク、中はしなしな、という状態だ。 そんな時、妊婦さんがつけるバッヂみたいにこれを身に付けて、「実際はこんな感じで弱ってるんですよー。頑張れとか励ましの言葉とか...

アメリカ奴隷貿易と江戸時代の鎖国は300年間の裏番組

0
今、私は寝室のベッドの上で毛布を頭から被り、スマホでこれを書いている。遠くで救急車のサイレンが聞こえた。こんな夜中にどうした。高齢化社会だからな、どこかの年寄りが蒟蒻畑でも喉に詰まらせたのかな?それとも予定より早く始まった嫁の陣痛にテンパった夫が呼んじゃった救急車かな?こうしている今、もっと遠い町では何が起きているのだろう。今、あらゆる場所のあらゆる人のタイムラインは、同時並行で進んでいる。当たり...

やまなみ工房を観た、NHKで

0
先日なんとなく観てたNHKのバリバラという障害者によるバラエティ番組で、自閉症の人や知的機能障害を持つ人達が作った絵画やオブジェなどの作品が紹介されていました。「やまなみ工房」という滋賀県にある施設の利用者の作品でした。サヴァン症候群の人の絵画作品とかもそうですが、絵画の描き方もめちゃくちゃ細密だったり、同じモチーフをものすごい数反復して作る傾向があります。やまなみ工房の作品もそういう感じの作品が多...

ソニア・ドローネ

0
これは、娘が美術館のギフトショップで私に買って来てくれたお土産ポストカードである。娘と妻と妻の母の親子三代で連れ立って、ジブリか何かの展覧会に行ったついでに買ってくれたようだ。これは何の絵だ?と、娘に尋ねると、「お父さん、おにぎり好きかなと思って」との事。たしかにこれはおにぎりっぽい。この絵は、ウクライナ出身のフランスの女性画家、ソニア・ドローネの作品。おそらく舞台衣装のデザイン画である。生前、ピ...

ビーだま・ビーすけの大冒険

0
今や日本の子どもたちのスタンダードコンテンツになった「ピタゴラスイッチ」のピタゴラ装置。そのバリエーションの一つで「ビーだま・ビーすけの大冒険」というのがあると、妻と娘から教えてもらった。私は若い頃、映像作品を作っていた時期があって、その頃は「映像ならではの表現」ってなんだろうか?なんて事をよく考えていた。絵画や写真や文学にはなく、映像にしかないものは「上映時間」だ、と。例えば3分、例えば2時間、と...

菅原小春の事とスニーカーを投げるマナーの事

0
先日、妻が「情熱大陸におもしろい日本人のダンサーが出てたよ」と、録画を見せてくれました。菅原小春というダンサー・コレオグラファー(振付家)で、これが超かっこよかったのでご紹介します。androidのTVCMとかにも出てたり、ヴォーグとかでファッションモデルとしても活躍しているみたいですね。この人です。まあ、とにかく踊っている時の表現力というか、体から発している「力」のようなものが凄いです。YOUTUBEで検索して片...

ヤン・シュヴァンクマイエルの男のゲームの事

0
チェコの映像作家、モーションアニメの巨匠ヤン・シュヴァンクマイエルの作品の中で私が最も好きなのがこの「男のゲーム」という作品である。私は、サッカーの魅力が全くわからず、この国民的スポーツに同僚や隣人たちが折に触れては沸き立ち、歓声や怒号を上げ、時に抱擁し、時に口論になる、そんな場が苦手である。そんな席でぼんやりとしていたりすると、非国民を見るような眼差しを向けられることも少なくない。私にとっては、...

PESこと、アダム・ぺサペインさんの映像作品の事

0
詳しいことはよく知りませんが、ヤン・シュヴァンクマイエルっぽいストップモーション・アニメの作家なんだと思われます。配色もモチーフのチョイスもおしゃれでいいなと思いますが、やっぱり音の質感が絶妙な実在感を醸しだしてますな。詳しいことはココに書いてました。→ http://pesfilm.com/...

ざわちんの事

0
昨日の朝、朝ごはんをたべながらスッキリを観てたら、ざわちんが出てた。『ざわちんって、ずっとマスクしてるから、風邪ひかなそうだよね。』と、妻。『そうだな。予防だな。』と、私。なんだこの馬鹿な会話は。『そういえば、昨日すげえ馬鹿みたいな会話したな、と、ふとこの事を思い出したので、せっかくだから今これを書いている。ざわちんといえば、板野友美のモノマネメイクが有名だし、恐らく世間一般でも『ざわちん』と聞い...

下高井戸工房とは

0
最近、妻が何かを量産している気配を感じていたのですが、コツコツと刺繍をしていたようでしてね。先日、その妻から「下高井戸工房」と、一言だけメールが来ました。屋号ですかね。はい、ロゴマークを作りました。そして、刺繍はこんな感じです。ブローチです。当たり前のことなんですが、刺繍ってやつは基本的に手作業です。近頃は、映像も音楽も書籍もコピペできるし、刺激を得るのも、退屈を埋め合わせるのも、実体の無いデータ...
このカテゴリーに該当する記事はありません。