%blog_name

BAD HOPとケーキの切れない非行少年たち

0
普段テレビをほとんど観なくなってしまったが、妻がハードディスクに録画してた、クレイジージャーニーを観た。川崎出身のHIPHOPクルー「BAD HOP」の回だった。面白かった。と、同時に「こ、これは日本の話なのか・・・。」と、驚いた。私には小1の娘がいるのだが、彼女の話す言葉や性格や価値観や得手不得手など、彼女を構成するすべてが、親に対する「答え」のような気がしている。身体的な特徴や気性といった遺伝的な要因はもち...

重ねドルチェとフォースの獲得のためにすること

0
他愛もない事でも、毎日毎日続ける事で、得難い「何か」を手に入れることができる。石の上にも三年、継続は力なり、というやつだ。毎食後にヤクルトを飲む。毎晩寝る前に腹筋を20回する。コンピューターと将棋を指す。何でもいいが、それを毎日続ける事で何らかの効能が次第に顕在化してくる。何らかの力、それを仮に「フォース」と呼ぶことにする。そのフォースを手に入れるために、私が続けるべき事として、毎朝牛乳を飲むことに...

なぜ「ほぼ日」は手帳だったのかしら

0
WEBに関わる仕事に就いて10年以上経つが、この業界に入ろうと思ったのは、「ほぼ日」と「ブログ」と「SNS」に出会った事がきっかけだったりする。その頃「WEB2.0」という本が出て、それを読んだ直後に勢いだけで転職した。27歳の時だった。あの頃からずっと疑問だった事がある。ほぼ日だ。「ほぼ日刊イトイ新聞」は、なぜ「手帳」だったのか?ほぼ日が今現在どういう感じになっているかフォローしきれていないが、随分前に書かれた...

釣りとマーケとワークとライフのバランス

0
去年の今頃から海で魚釣りをはじめた。最初は隣の席の同僚とたまに一緒に行く感じだったが、今では同じオフィス内で4人の同僚が釣り仲間である。熱く静かなムーブメントを巻き起こしている。私が勤める会社は、WEBサイトの制作やインターネット広告のお仕事を手掛ける、WEBプロモーション会社である。そんなWEBプロモーション会社の社員のうちの5人の社員が釣りを始めると、平日の職場はもちろん休日の釣り場でも時をともにするよ...

働く男のアップデート

0
「働き方改革」とは一体なんなのか?「働きすぎて死ぬなんて、そんな馬鹿な話があるか!」と、心ある庶民派のお奉行様が政令をだした、ということなのだろうか?まあいい。とにかく、私の人生にもそれがやってきた。みなし残業とか、有給休暇の未消化とか、自主的な休日出勤とか、そういった、ワーカホリックにとっての"聖なる行為"が封じられたわけだ。会社のほうからやっちゃダメよ、と。でも、会社の収益は右肩上がりを維持すべ...

2019年夏、じわじわと崩れて開放される何かについて

0
スターにはスポットライトが集まる。という前提があったうえで、じゃぁ逆に、スポットライトに照らされた者はスターになれるのか?という類の問いは、現代美術のジャンルにおいては最もスタンダードなコンセプトであり、最初はマルセル・デュシャンが、そしてアンディ・ウォーホルを経由し、最近ではバンクシーがすばらしく滑稽な騒動を日本国内でも起こしている。この「スターとはなにか?」「有名ってなにか?」「権威とはなにか...

Foods(フーズ)の「Pants Style Girl」/天海祐希のようにはなかなかできないし。

0
YouTubeで見つけてからお気に入りのアーティストの「foods(フーズ)」という人をご紹介したいと思います。現時点で彼は何者なのか?といった情報はほとんどわかりませんが、まあきっとそのうち有名になって、プロフィールとか楽曲のバリエーションとかも知られるようになると思いますし、そう願っています。とにかく、こんな感じです。 例えば、この楽曲「Pants Style Girl」のミュージックビデオを作ろうとした場合、なかなか...

川崎麻世の2回分

0
おはようござい麻世。一個前の新年のご挨拶的な記事に、ピーちゃん(長野県/女性/31歳)からコメントを頂きました。ありがとうございます。その中で、こんなご相談をいただきましたので、ご紹介したいと思います。イーゴンさん明けましておめでとうございます。久しぶりにイーゴン自治区を検索したら、まだご健在でとても嬉しく思いました。ところで聞いてください。私は最近、近くのホテルで開催される水谷千重子のディナーショーに...